不用品(廃品)の処分の仕方|売るものと捨てるもの!

引越し時は、要らないもの(不用品)や、普段あまり使わないものなどを処分する良い機会だと言われています。

 

ただ、引っ越しの際に出る「大型ゴミ・粗ゴミ」の類は、通常のゴミ回収では出せないものも沢山あります。

 

これらは、今住んでいる市政条例などによってマチマチなので、一概には言えませんが、大抵の場合「引越しゴミ(大量に出るもの)」は、別扱い(有料)となっているところも多いでしょう。。

 

こういった「廃品回収」も、数が多ければ多いほど、業者任せにすると結構なお金が掛かります。

 

なので、引っ越し予定日まで、日数に余裕がある場合などは、市や区で行っている「粗大ごみ回収予約」などを使うと、全て、とはいきませんが、ある程度数を減らすことができます。

 

ただ、多くの場合、粗ゴミや大型ゴミの類は「予約制」になっていると思いますし、回収は予約してから1週間後の◯曜日とか、月1回に限ります、など制約も多いです。

 

※一回の回収数も決まってます(5点までとか・・・)

 

引越し日まで月日に余裕があれば、こういった無料の回収制度を使わない手はありませんが、それでも全てを片付けるのは難しいかも知れません。。

 

※今は少なくなりましたが、地域によってはまだ、大型ゴミ(リサイクル家電除く)はなんでも無料(持ち込みの場合に限る)、って言う場所もあるようなので、一度探してみるといいでしょう、、その地域の住人でなければダメですけど・・・ね

 

※もし、自力で運ぶのが無理な場合であれば、引越し業者の方で別便を出してくれると思いますよ

 

ちなみに・・・

 

家電リサイクル品(4品目→液晶、プラズマ、ブラウン管テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコン)などは、予め郵便局などで「家電リサイクル券(家電メーカーや商品によって値段はマチマチ)」を購入し、その地域の決められた場所まで自力で運んでいく、と言うものです。

 

買い替えなどであれば、家電にその料金を支払い「リサイクル券」を発行してもらい、新しい商品を持ってきてもらったときに回収してもらうのを、自分でやる、って感じですね。

 

こういったモノ以外と、無料回収してもらえなかった廃品は、自分でネットで調べたり、ポストなどに入っているチラシなどから、廃品回収業者を手配したり、引越し業者を通して紹介してもらう事になります。

 

※いずれも有料

 

こういった「廃品回収」も引っ越しと同様に、業者に自宅まで赴いてもらい、廃棄するモノの商品点数で料金が決まります。

 

※あるいは、2t・4tトラック一杯分で幾らとか・・・

 

こういった業者を頼むメリットとしては、捨てるもの分けておけば、後は業者の方が自宅から運び出して持って帰ってくれる、というところ。

 

市や区などの「無料回収」や「有料回収」は、廃棄物の回収はしてくれますが、自力で自宅玄関先や、マンション玄関口などへ運んでおく必要があります。

 

その分、大きさや数によって値段が変動しますが、業者などを使うより多少安価になりますけどね。

 

体力(力仕事)や人員に余裕があればいいですけど、マンション上層階住まいとかであれば、下に下ろすだけでも大変ですよ^^;

 

※私は、マンション3F(エレベーターなし)だったので業者に頼みました(笑)

 

あと・・・

 

廃品(捨てるもの)とは言え、モノによっては買い取ってもらえる物もあります。

 

例えば・・・

 

●衣類

 

リサイクルショップへ持ち込めば、幾らかにはなります。

 

当然着られるもので、着込んでてもキレイなものであれば値段が付くことが多いです。

 

※お店によっては「ユニクロ」「しまむら」など、元々安価なものは買取不可、っていうところもありますけどね

 

コツとしては・・・

 

元々安価なものは、重さで単位で買い取ってくれるリサイクルショップへ持っていき。

 

ブランド品などがある場合は、1点1点査定してくれるリサイクルショップに持っていくことですね。

 

●子供のおもちゃや贈答品(お歳暮・お中元)など

 

リサイクルショップ等に持っていくと、買い取ってもらえるものもあります。

 

●漫画雑誌(月刊、オマケ付)・アダルト雑誌・アダルトDVD・コミック漫画・単行本・文庫本・参考書・レアなおもちゃ・プラモ・etcなど

 

私も、今回の引っ越しで大量に出てきた上記商品を、200点位ネット経由で査定に掛けたところ、、なんと29000円ほどで買い取ってもらえました^^

 

お近くに、こういった買取ショップがないような場合、ネットで検索すると見つけられますよ。

 

また、時間があるようなら、自力でヤフオクなどのオークションに出品してみると、もっと高値で売れることもありますが、点数が多いと、写真撮りや出品に時間が掛かるのと、まとめて処分できない、というデメリットもあります。

 

●家電・その他のジャンク品

 

捨てるのを忘れていた、壊れた家電やゲーム機・カメラ・パソコン・その他など、動かなくなったものでも、そのパーツ自体に価値がある物もあり、モノによっては買い取ってもらう事も可能です。

 

例えば・・・

 

「VHSビデオデッキ・デジカメ・ラジカセ・工具・その他」など。

 

こういったものを専門に買い取っている、「ハードオフや他のリサイクルショップ」もあるので、捨てるのにお金が掛かりそう、と思ったら一度ネットなどで調べてみてもいいかもしれませんね。

 

関連ページ

引っ越し業者に支払うお金
業者に支払うお金は、引っ越しにかかる費用の中で、大部分を占めるものですが、その金額はどのように決まるんでしょう?ここでは、引っ越し費用の内訳を簡単に説明しています!
転居に伴う費用
引っ越しに伴い、新たに住まう住居探しに掛かる費用や経費など、引っ越し代金以外にも沢山のお金が掛かります。ここでは、賃貸マンションなどを借りる際に掛かる費用などを、細かく説明しています!